先輩社員の声

インタビュー

2011年、トヨタ全国サービス技術コンクール入賞!

2005年入社

渡辺 拓哉(中央店 サービス課 係長)

1985年生まれ。
現在、中央店でサービス課に従事。

今治北高校卒業。
トヨタ神戸自動車整備専門学校 自動車整備科卒業。
国家自動車整備士(2級・検査員資格有)
トヨタ技術検定(1級)

特に身近にある交通手段の一つである自動車の整備に興味がありました。機械の構造や分解などが得意という点や、トヨタの車に触れてみたいという想いからネッツトヨタ瀬戸内に入社しました。趣味は高校時代から続けている野球をしたり、休日に会社の仲間とゴルフにでかけたり、冬は雪山にスノーボードをしに登ったりと、忙しい毎日です(笑)

Q.この会社に決めた理由は?

正直なんとなく・・・です

本来、しっかり吟味して就職したいと思い真剣に考え、就職活動をするべきなのかもしれませんが、当時の中途半端に考えていた自分を成長させるきっかけになるであろうと思い、決めました。自分のやる気をださせてくれる、自分自身成長できる、そういった環境が整っている会社であると思い、入社しました。実際、今振り返ったときに当時と比べると、成長していると感じています。

Q.あなたが一番成長したことは?

人と人とのつながりを意識すること

サービス業でありますので、お客様あっての仕事です。お客様と対話することでいろいろと勉強させられた事が多く、人と人とのつながりというものにも深く考えられるようになりました。上司に教わったこと、叱られたことは鮮明に覚えていますし、叱ってくれたことは自分の為に叱ってくれていると思うとありがたく思います。人情に熱くなったと思います。

Q.将来の夢を教えて下さい。

自動車整備士のトップをめざし、またそういった精神を後輩に引き継ぐ事です

私は昨年、全国ネッツサービス技術コンクールに出場させて頂いて、入賞することはできましたが、全国では上には上がいるという事実を目の当たりにしました。自分自身今のままで留まるつもりはありません。整備の高みをめざして、日々精進すると共に周りに刺激を与える存在になります。

Q.あなたの情熱の源は何ですか?

お客様から感謝の言葉を頂いたときです

クレーム対応にて苦労して整備をする。困難なトラブルシュートをし、原因究明から修理を完了させたときの達成感です。その際の特にお客様から直接ありがとうと言っていただけるときです。それまで鍛錬してきた技術が出せたということで、次もやってやるぞ!という意気込みにもつながります。

Q.入社希望者にメッセージをお願いします。

やる気のある人、大歓迎です

自動車を取り扱いますので、少なからず自動車に関する知識は増えますし、車に対してまったくのど素人であった私でも今こうしてネッツ瀬戸内のサービスエンジニアとして活躍できています。同じステージで、互いに高めあうことが出来る、やる気のある人大歓迎です。一緒に楽しく、働きましょう。

ページトップへ戻る